FC2ブログ

トップ  >  雨対策  >  雨が降りそうな秋のキャンプツーリングは、タープが必需品な理由。

雨が降りそうな秋のキャンプツーリングは、タープが必需品な理由。

2013年08月24日

ずっと楽しみにしていた秋の連休のキャンプツーリング。

雨が降りそうな予報になったら
レインウェアと一緒に、
タープも用意してください。



秋の雨は冷たく、レインウェア越しでも、
体や心を冷やすことがあります。


夕方、疲れた体を、もうひとがんばりさせて、
冷たい雨に打たれながらテントを設営。

この時点で、秋の夕方の雨は、冷たいので、
心も体も冷えてきます。


窮屈なテントの前室で料理を作って、
設営するときに少し濡らしてしまった冷たいテントの中で
静かに食事をする。


そんな秋の夜は、あまり楽しい夜とは言えないでしょう。



タープを張っておけば、
開放的な空間で、雨音を楽しみながら、
料理して、美味しくできた食事を楽しめます。

温かく美味しい食事は、
それだけで1日の疲れを癒してくれます。



タープを最初に設営すれば、
すぐに、雨に濡れたウェアやレインウェアを脱いで、
さっぱりと乾いたウェアで体を包み込めます。

濡れていないという事が
どれだけ快適なのか、
実感できる瞬間です。


タープの下なら、テントも濡らさずに、設営できます。
テントの壁がちょっぴり濡れている、
その不快感は、なかなかのストレスです。



テントの上に、もうひとつ屋根があるということが
ツーリング向けのコンパクトな屋根だとしても
これほど嬉しいことなんだと、
雨が降る秋のキャンプツーリングは教えてくれます。



タープを買うときは、ポールがセットになっていない事があります。
ポールは、必ずしも必要なものではないですが、あるほうが便利です。
一緒に買っておいて損はしないと思います。




:広告:

天高い秋の空。天井が高いテント。「高い」と気持ちいい秋のキャンプツーリング。 | トップページへ戻る | 炙ったスルメで一杯やりたくなったら。お酒もうまい、秋のキャンプツーリングにPRIMUS(プリムス) フォールディングトースター2型 IP9222F

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る