FC2ブログ

トップ  >  距離を伸ばしたい人の食事習慣  >  1日は短い。スピードが伸ばす走行距離。

1日は短い。スピードが伸ばす走行距離。

2013年09月01日

自転車旅行、ツーリングで、
1日の走行距離を、もうひと伸ばししたい人は、
持久力の強化だけでなく、
最大筋力、パワーのアップをしましょう。


走る事ができる時間には、限りがあります。

1日中走りまわれる持久力があっても、
1時間あたりの移動距離が伸びないと、
1日の総走行距離は、頭打ちになります。



のんびり走りたい自転車旅行でも、
登り坂や向かい風など
スピードが落ちる場面があります。

そういった場面でも、
しっかりとしたスピードで
着実に距離を伸ばすには、
持久力だけでなく、パワー、筋力が大事。


もちろん、スピードをある程度出して、
距離を稼ぐ時にも、筋力は大切です。




筋力、パワーをアップされるには、
筋トレがひつようなのですが、
効果的な筋力アップには、食事が大切。

食事内容がイマイチだと、
筋トレはむしろ逆効果。



筋力アップの仕組みは、
筋トレで傷めつけた筋肉が、回復する時に、
もっと強い筋肉にしようとする働きを利用します。

回復する時に、十分な筋肉の素になる
タンパク質を食べておかないと、
筋肉ができないだけでなく、むしろ小さく弱くなる事もあります。



タンパク質は、肉や魚、乳製品に多く含まれています。

筋肉強化、筋力アップには、
タンパク質以外にも、たくさんの栄養素を必要とします。

バランスの良い食事を心がけつつ、
タンパク質を多く含む食品を
意識して多めに食べるようにしましょう。




食べ過ぎやカロリーオーバーに要注意。
肉類は、調理方法も含めて、
脂肪分も一緒に食べる事が多いです。

グラムあたりのカロリーが高い、
脂肪は、カロリーオーバーのもと。

無駄に大きな身体は、タイヤに余計な負荷を与えたり、
空気抵抗を増やしたり、身体の動きを悪くしたりと、
スピードをダウンさせます。


自転車のロードレース、ツールドフランスに出ている人は、
それほど、筋肉にムキムキではないでしょう。




大切なのは、バランス。
筋力も、タンパク質も、程よい量が、
1日の総走行距離を伸ばします。




:広告:

スタミナはレモンでできている。クエン酸と持久力。 | トップページへ戻る | 「薄さ」が決め手の自転車旅行向けの三脚

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る