トップ  >  栄養の管理  >  スタミナはレモンでできている。クエン酸と持久力。

スタミナはレモンでできている。クエン酸と持久力。

2013年09月02日


レモンをかじる。

とっても、すっぱい。

それが元気の素、クエン酸の味。




クエン酸は、糖質やビタミンを使って
筋肉を動かすためのエネルギーを作るための、
キーとなる栄養素です。



カレーを作る時の、鍋のような役割をします。
いくらたくさんの肉や野菜、カレー粉があっても、
それを混ぜる鍋がなければ、
カレーになりませんよね。




クエン酸は、エネルギー源となる
糖質、タンパク質、脂肪をもとに、
ビタミンB群などを使って、
エネルギーを作り出すのです。

その仕組みをクエン酸回路やクエン酸サイクルともいいます。
これが「鍋」のような物なのです。



クエン酸は、糖質を使って運動した時に出る
疲労物質のひとつ、乳酸もエネルギーに変えます。
エネルギーの再利用をしてくれます。

乳酸は、ゆっくりのんびり走る時には、
あまり溜まらないのですが、
登り坂などキツイ運動をした時に溜まりやすいです。



疲労のもとになる乳酸を分解して、
もう一度エネルギーに代えてくれます。




エネルギーを作ってくれるクエン酸は、
一日中走りまわり人のスタミナの素になります。

休憩や移動中に、クエン酸を身体に補給して
エネルギーをたくさん作りやすくしましょう。




クエン酸は、レモン以外にも、
柑橘系のフルーツや梅干しなどにも含まれています。


コンビニで買える、
梅干しのおにぎりや果汁100%のグレープフルーツジュースなども
クエン酸の補給におすすめです。






:広告:

ホットがない季節に。缶コーヒーの温め方。 | トップページへ戻る | 1日は短い。スピードが伸ばす走行距離。

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る