FC2ブログ

トップ  >  キャンプ用品  >  大きいって事は、鍋料理だってできる。アウトドア用カセットコンロでキャンプツーリング。

大きいって事は、鍋料理だってできる。アウトドア用カセットコンロでキャンプツーリング。

2013年09月04日

秋のキャンプツーリングの夜は、冷えます。

土鍋で作る鍋料理は、
温かくて、簡単で、量も食べられて
もちろん新米との相性もばっちり。

心も胃袋も、温かく癒してくれます。

キャンプツーリングで、土鍋を使うとなると
ネックになるのが、重さのほかに
シングルバーナーのサイズ。



土鍋で作るとなると、
普段使っているシングルバーナーでは、
サイズが小さすぎて、不安定になります。

家庭用のカセットコンロが安定して一番いいのですが、
バッグにも入らないアレを持ち運ぶのは、
ちょっと難しいです。




家庭用カセットコンロやアウトドア用シングルバーナーで
おなじみのイワタニの
アウトドア用のカセットコンロは、
使いやすく、工夫が凝らされています。


持ち運ぶとに壊れやすい鍋をのせるバーナー付近は、
専用のカバーがついていて
バッグにも入れやすくなっています。


バーナー付近は汚れやすいので、
この部分がカバーで覆われていると
安心してバッグにも入れてしまいやすいです。



キャンプで料理をする時は、
コンロの火を乱す風が悩みの種ですが、
カバーが風避けになったり、
バーナー付近の風を防ぐ「風坊リング」がついていたりして、
風にも強い設計です。


家庭用のカセットガスを使い、
鍋料理をするのにも十分な大きさで
自宅での鍋料理にも使えます。




さすがに約3キロの重さは、ネックで、
土鍋や食材などでも増えるので、
トータルの重さは、かなりの重くなります。


オートバイならともかく、自転車には、ちょっと辛い重量です。

近場へのツーリングで、
ツーリングメインと言うよりは、
キャンプメインにした方が、良いかもしれません。


どうしてもキャンプツーリングで、
土鍋で鍋料理が楽しみたい人向きです。


:広告:

ふきこぼれで汚さない。秋の新米シーズンにおすすめのユニフレーム(UNIFLAME) ごはんクッカー | トップページへ戻る | ホットがない季節に。缶コーヒーの温め方。

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る