トップ  >  水分補給の話  >  秋には、ぬるめのハイポトニック。秋だからこそ気をつけたい水分補給。

秋には、ぬるめのハイポトニック。秋だからこそ気をつけたい水分補給。

2013年09月21日

秋は走りすぎるくらい、走りまわれる季節です。
涼しくなったとは言っても、
昼間の気温は、それなりに高く、
汗もたっぷりかきます。


失った水分を補給するのが大切なのは、秋も同じ。
たっぷり走れる、走りたい秋だからこそ、
特に気をつけたいです。



秋は、気温が下がり始めて、
身体が冷えやすい季節です。

むやみに冷たいドリンクを飲むと、
身体が冷えるのは、夏以上です。



常温程度で飲みたいところですが、
風が冷たいだけで、秋の日差しは、まだまだ強いです。

ボトルが太陽に温められて、
常温というより、温かくなります。


スポーツドリンクは、糖分も入っているため、
少し甘味があります。

甘味のある飲み物は、水温が上がると、
感じる甘味が増します。

ホットのスポーツドリンクは、
汗をかいた後に飲むには、少し甘過ぎます。



夏に活躍した保冷性の高いボトルやサーモボトルに、
スポーツドリンクを入れるようにして、
常温程度か、少しだけ冷たく感じる程度にしておけば、
甘さ控えめです。




スポーツドリンクの種類も、
体液と同じ濃度のアイソトニック系よりも、
体液よりも薄い濃度のハイポトニック系の方が、
薄い分、甘さ控えめの物が多いように思います。

ちょっと水っぽく、薄く感じます。




水分が不足すると、血流が悪くなります。

血液は、身体中にエネルギーを運搬してくれます。
この流れが悪くなると、
自転車で走る距離が短くなったり、
エネルギー不足だと感じ、身体がだるくなりやすいです。


たっぷり走る、自転車の秋だからこそ、
水分補給は、きっちりと。








:広告:

カメラと出かけるなら、速い自転車、遅い自転車。 | トップページへ戻る | たっぷりな汗に「山の力」を。ガツンと冷える秋の休憩。

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る