トップ  >  食事の話  >  秋のキャンプツーリングに、お茶漬け1杯。温かさが明日の活力。

秋のキャンプツーリングに、お茶漬け1杯。温かさが明日の活力。

2013年10月05日

寒さが強くなり始める、
秋のキャンプツーリングには、
温かい食事が、最高の思い出になります。


ごはんを炊いて、秋の味覚を楽しんだ後でも、
まだまだ満たされないのが、
自転車乗りの胃袋。


自転車で、大量に消費されるカロリーを
十分に補給するには、
普段からは想像できないくらいの食事量になります。

身体は、カロリーをもっと欲しがっても、
受け入れる胃袋の方が、追いつかない事も。

一旦、お腹一杯になっても、
またすぐに、お腹が空いて、
もっと食べたくなることがあります。


空腹感は、カロリー不足のシグナルです。
不足したカロリーを補充して、
明日に備えるために、お夜食を食べましょう。


パンか何か、おやつを用意してもいいのですが、
せっかくなので、ごはんを多めに炊いて、
それをお茶漬けにしましょう。




温かいお茶で食べるお茶漬けは、
秋の夜には、ぴったりの夜食です。
熱めのお茶なら、冷えたごはんも温め直せます。

ごはんとお茶。
それに、梅や鮭、コロッケなどをプラス。

ごはんを焼きおにぎりにしたり、
お茶をほうじ茶など、バリエーションを増やして、
いろんなお茶漬けを作れば、
おかわりしたくなります。


温かさと満腹感に、
胃袋と心を満たされて、
気持ちよく眠れ、翌日も元気いっぱい。




秋のキャンプツーリングは、
多めのお米と、大きめの鍋、
いろんなお茶と具材が、
持って行く物リストに加えてください。






:広告:

秋にはシングルウォールで。軽いテントでキャンプツーリングのスピードアップ。 | トップページへ戻る | 秋の沖縄は、着いても、すぐに走らないのがコツ。

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る