トップ  >  ウェア  >  強い風と寒さは、小物で防ぐ。

強い風と寒さは、小物で防ぐ。

2013年10月28日

秋がどんどん深まり、
気温もどんどん下がっています。

今、ちょうど走り時かもしれません。


寒くなってくると、ウェアもちょっとだけ厚着になってきてきます。
ウェアの厚みが増えれば増えるほど、
空気抵抗が増えて、ペースを落とします。


できる事なら、空気抵抗の少ない
薄着で走りたい所ですが、
それだと寒すぎて自転車どころじゃないし、
風邪だって引いてしまいます。




ウェアの厚みと空気抵抗を減らすには、
ネックウォーマーなどの小物類でカバーするのがコツ。


ウィンドジャケットの下に、
フリースを着るよりも、
ネックウォーマーを付けた方が、
温かさはそれほど変わらなくても、
ウェアの厚みは、ずっと少なくなります。


そのほかに、アンダーウェアを保温性の高いものしたりして、
靴下を厚手にしたり、手袋をしたりと
ウェア自体の厚みを少なくしましょう。

ウェア自体もできるだけ、タイトなシルエットで、
空気抵抗の少ないウェアを選びましょう。



小物類のほうが、脱いで体温調整がしやすいメリットもあります。





:広告:

ワンサイズ大きなシューズで、冬も温かく自転車に乗る。 | トップページへ戻る | 寒い朝は、早めに出発。念入りウォーミングアップ。

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る