FC2ブログ

トップ  >  裏ワザ  >  ナイトツーリングの、スケールが大きくなる本。

ナイトツーリングの、スケールが大きくなる本。

2013年11月08日

夜に自転車で、ふらりと走りだすと、
田舎の方に住んでいるという事もあって、
満天の星が、そこにあります。


星の印象というと、
きれいに輝いているとか、
星座がロマンを感じるとか、
そんな感じでしょう。


ですが、この本を読んでから、
星空を眺めると、また違った印象になります。




図鑑というよりは、写真集です。

地球から近い、太陽系内の星からスタートして、
徐々に遠くの星や星雲の
美しい写真を見る事ができます。


天体望遠鏡だけでなく、
惑星探査衛星などの画像もあって、
太陽系内の惑星、衛星は、本当に息を飲む美しさです。



太陽系内の岩や氷の塊のような衛星の写真を見ると、
こんな塊が、真空の空間に、ぽっかり浮いていると思うと、
そして、それがこの夜空の中にあると思うと、
不思議な気持ちになります。



遠くに行けば行くほど、
星ではなく星雲などの美しい姿を目にする事ができます。

それも、宇宙望遠鏡を通して見れば、
この夜空の中にあるのです。



なにげなく見上げている夜空も、
そして、その下にある、宇宙の中にある
自分たちのいる場所も、
なんだか、スケールの大きな感じがしてきます。


:広告:

冬の自転車ツーリングで、ブレスサーモのアンダーウェアを着る、ふたつの理由。 | トップページへ戻る | 広角単焦点レンズと、冬のナイトツーリング。星空を思い出に。

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る