トップ  >  ウェア  >  冬の自転車ツーリングで、ブレスサーモのアンダーウェアを着る、ふたつの理由。

冬の自転車ツーリングで、ブレスサーモのアンダーウェアを着る、ふたつの理由。

2013年11月09日

「ブレスサーモ」というのは、
あのスポーツメーカー、ミズノが作る、
保温発熱素材です。

ミズノが作る冬用のスポーツウェアには
よく使われている素材で、
アンダーウェアもあります。


このアンダーウェアが、
冬の自転車ツーリングに、ピッタリなのです。



その理由は、ふたつ。




ひとつは、温かい事。

当たり前だけど、大切ですね。



ブレスサーモの特徴は、
汗をすぐに吸って、その水分を使って、
発熱する事にあります。


体温を逃がさないタイプのアンダーウェアと比べると
繊維自体が発熱するので、とても温かいのです。




ふたつめは、
汗を、すぐに、たくさん吸ってくれること。
そして、乾いてくれること。

冬とはいえ、自転車で走ると、
汗をかきます。


冬にかいた汗は、肌についたままだと、
休憩した時に、急激に冷たくなり、
体温を奪います。

それは、アンダーウェアに吸い込まれても同じ。


ブレスサーモは、肌の表面の汗を
すぐに吸い取り、素早く乾きます。

なので、休憩時間にも、寒くなりにくいです。


さらに、先に書いた通り、
水分で発熱もしてくれるので、
とても温かいのです。




自転車ツーリングにつきものの、汗。

そして、汗を上手に処理してくれる。


それがブレスサーモアンダーウェアが、
冬の自転車ツーリングに欠かせない理由です。




ブレスサーモのアンダーウェアを選ぶなら、
スポーツ用のアンダーウェアよりも、
登山用の方が、汗をしっかりと吸ってくれます。


:広告:

ビューっと吹いたら、朝10分。風が強い日は、ゆっくり、楽に。 | トップページへ戻る | ナイトツーリングの、スケールが大きくなる本。

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る